今年の【特別】な方位取り

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 
六白金星の年六白金星の月に入りました。
 
 
10/8~11/6までがそうなのですが、この間の特別な日に、九星気学では効果の高い方位取りが出来ると言われています。
 
 
私、泰莞も、九星気学の師匠から「最大祐気取り法」として教えていただきました。
 
 
今回は、その日時と方位、使える人、効果を紹介しますので、日帰りからせいぜい一泊ぐらいの旅行で使ってみて下さい。
(私個人としては、二泊以上の旅行にはお勧めしません)
 
 
〇北
日時:10/16、11/3の午前五時~午前七時(この時間に家を出る)
使える人:五黄年生まれ、六白年生まれ、七赤年生まれ、八白年生まれ、九紫年生まれ
効果:人との交流が広がる 部下運が良くなる
※ただし、派手な仕事には不向き
 
 
〇東北
日時:10/16、10/25、11/3の午前五時~午前七時(この時間に家を出る)
使える人:二黒年生まれ、四緑年生まれ、五黄年生まれ、八白年生まれ
効果:身の回りや家内の改善 人事異動で良くなる
 
 
〇東
日時:10/25、11/3の午前五時~午前七時(この時間に家を出る)
使える人:一白年生まれ、三碧年生まれ、九紫年生まれ
効果:事業・商売の発展や良化 身体健全
 
 
 
一応、一白~九紫の人全て方位取りが出来ることになるようです。
 
 
自分がどの九星の人なのかは、「〇〇年 九星」なんかで検索すると出てきます。
 
 
占いの決まりで、立春(だいたい2月4日)からを一年の始まりとしますから、1月1日から節分までに生まれた人は前年の九星がご自身の九星ですから、注意して下さい。
 
 
 
上手にお使い下さい。
 
※私が鑑定で使っている【九星術】とは異なるものです。
 
 
 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(06-6991-1146
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

明日9月18日は、結構特別な日です

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 
明日9月18日(土)は、丑年の酉月の巳の日です。
 
 
この巳、酉、丑の三つが揃うことを三合金局と言って、占い的には結構めでたい日とします。
(金局とか金局三合とも言います)
 
 
更に、明日は己巳の日で、六十日に一日の弁財天さんの縁日です。
 
 
土曜日ですし、時間があるようでしたら、お近くの弁財天さんのところへお参りに行くのも良いかもしれませんね。
 
 
 
また、ひかれすくは、珠理亜先生が天河神社(大峯本宮 天河大辨財天社)ともご縁をいただいているそうなので、こちらにも是非✨
(神棚に天河神社のお札もお祀りしているそうです)
 
 
明日は摩耶先生とレイラ先生がお待ちしております。
(私、泰莞はお休みです😅)
 
 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

重陽の節句は、菊のお酒で!

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 
本日9月9日(木)は、重陽の節句です。
 
 
あまり一般には知られていないものかもしれませんが、五節句というものの一つです。
 
 
東洋の占いでは、奇数を陽としますから、1~9のうち、1、3、5、7、9が陽です。
 
 
この数を重ねた日を節句としているようです。
(ただし、1月1日だけは別格として、1月7日を節句にしています)
 
 
1月7日 人日(じんじつ)の節句
 
3月3日 上巳(じょうし)の節句
 
5月5日 端午(たんご)の節句
 
7月7日 七夕(しちせき)の節句
 
9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
 
 
それぞれの節句のときに、季節にちなんだものをいただいて邪気払いをする風習があり、今日の重陽の節句では菊酒をいただくのが良いそうです。
 
 
お酒が飲める方は、日本酒に菊の花を添えて楽しまれて下さい。
 
 
また、旧暦の方が食用菊が手に入りやすいかもしれませんから、旧暦の9月9日(今年は10月14日)にやっても良いです。
 
 
私は……両日やります 笑
 
 
 
季節のものを楽しみながら取り入れるというのも、良い運を引き寄せるものですから、興味がおありの方は是非。
 
 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

天赦日には○○○を!

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
明日8月28日(土)は、天赦日です。
 
 
コロナ禍ですから、積極的にどこかに出かけるようにとお勧めは出来ません 苦笑
 
 
なので、代わりに家の中の掃除を行うという方法で、天赦日を使うことをお勧めします。
 
 
 
場所は、家の中でも西の方が良いです。
 
 
 
コンパスを使って確認しなくても、ご自身の感覚で「このあたりかな?」と思うところで良いです。
 
 
 
時間は出来れば午前中、10分~30分もすれば十分です。
 
 
汚れや塵をしっかり取り除いてください。
 
 
そうすることで、今直面している問題があるなら、その解決策が見えてくるでしょう。
(苦しみを乗り越える、艱難突破の意味があります)
 
 
 
特に問題がないなら、災いを遠ざけてくれると思います。
 
 
 
 
ちょっと前に、レイラ先生が書かれていた↓の記事も参考になると思います。

 

 

 

上手にお使いください。

 
 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

いつもの生活の中での開運

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
「開運」というと、神社やお寺などのパワースポットに行ったり、開運グッズを身に付けたり、吉方位へ行ったりと、沢山の方法があります。
 
 
ですが、普段の生活の中で開運法として出来ることもあるものです。
 
 
 
例えば、普段の穏やかな日常を見失わないように気を付けること。
 
 
気忙しいことが色々とあって、日常生活にまで悪い影響が出てしまうことがあります。
 
 
そういうときは、意識的に落ち着くことををやっていきます。
 
 
いきなり落ち着けと言われても難しいと言われるなら、どんなときに落ち着いていたかを思い出すのも良いです。
 
 
家で音楽を聴いているときとか、アロマを焚いているときとか……。
 
 
 
また、そういうことを占いで見つけることも出来ます。
 
 
例えば今日(2021年7月29日)は寅の日なので、改善をしていくのにもってこいの日です。
 
 
そして、一番良く働く星の意味を調べると、「お風呂に入る」というのがあります。
 
 
夏場はシャワーで済ませてしまうという人も多いでしょうが、今日はゆっくりと湯船に浸かってリラックスしましょう。
 
 
夏らしく、清涼感のある入浴剤なんかを使ってみるのも良いですね。
 
 
 
こんな風に、日常の中で落ち着ける時間を作ってみてください。

 

 

それが、運勢を良い方へ向けるきっかけになりますから。

 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

運を開くためには

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 

開運法について、よく言われていることを三つ。

 

 

①何の努力もしていない人には、何をやってもそんなに効かない

 

力を集めるところが不明の場合は、やっぱり効果も不明です。

 

ある程度道すじを立てておかないと意味がないなと思います。

 

また、開運(福集め)よりも災い避けの方が効きやすいのもそのためかもしれません。

 

 

 

②自分が望むこと通りに物事が進むとは限らない

 

これは神仏に祈願するときもそうですが……割りと自分の望みに綻びがある場合が多いので、望みのままは叶わないことがあります。

 

ですが、そういうときは、その綻びを含めて上手くまとまっていくという感覚があります。

 

綻びというのは、プラスを望むのに、同時にマイナスを願っているというようなことです。

 

 

 

③福だけ得られる開運法は、あまりない

 

きちんと対価を支払う必要があります。

 

お金でなくても良いのですが、対価がなければ、後々歪みを受け取らなくてはいけません。

 

また、福だけ得られる開運法というのは、代わりに時間がかかったりします。

 

 

 

 

本当にしんどくて厳しいように聞こえる人もいるかもしれません。

 

 

例えば、お金や時間がなかったり、また何の努力をすれば良いか分からなかったりして。

 

 

そういう場合は、開運法を考えるよりももっと前に立ち返ってやるべきことがあります。

 

 

 

◎身の回りを整える

 

掃除をしたり、部屋の整理整頓をしたりすると良いと言われますが、それです。

 

また、髪の毛を整えたり、服装を整えたりというのも含まれます。

 

食べ物も大切ですね。

 

お風呂に入って、体の汚れを落とすことも忘れずに。

 

規則正しい生活を送るなんていう、健康管理も。

 

人との関わり方を見直すなんてのもそうでしょう。

 

 

当たり前のことを当たり前のようにすること、それが大切です。

 

 

 

方位取りや、パワーストーン、御札等々、色々なものに振り回されている人は、まず落ち着いて、自分自身の在り方を見直してみてください。

 

 

 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

ユニークなお守り

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 
こんな本があります↓

 

 

 

よく見る布の袋に入っているお守りだけでなく、工芸品のようなお守りが紹介されています。

 

 

私が好きな本の一つです。

 

 

 

そんな私ですが、昨日(5月1日)に、この本に出てきそうなお守りを見つけました。

 

 

三輪恵比須神社の鯛のこまというお守りです。

 

 

実際にこまとして回すことが出来るもので、説明書きに、「錦糸の束を巻き重ね作られており一重毎に輪が広がり繁栄繁盛の願いが込められております」とあります。

 

 

鯛の顔も何ともユニークで、ひとついただいてきました。

 

 

こういうお守りをいただくというのも、神社仏閣巡りの楽しみなのかもしれませんね。

 

 

 

 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

彩雲って知ってますか?

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 
先日、用事で外に出たときに、こんな↓写真を撮りました。
 
彩雲と言って、吉祥なのだそうです。
 
 
周囲の人が皆、空の写真を撮っていたので、私も撮ることが出来ました。
 
 
 
すぐ上を見れば気づくことなのに、そちらに意識が向かなければ気づけないんですよね。
 
 
今はコロナで本当に中々身動きが取れなくて、不満を感じることもありますが、身近なところにも面白さはあるのだと、教えてくれているように感じました。

 

 

 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

占い鑑定も占い教室もやってます

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 

ぴかれすくには色々な先生がいますから、占術も豊富です。

入り口のドアには、こんな風に占術のことが書かれています。

占術は、それぞれ得意なことや面白さが異なります。

私が使っている四柱推命や九星術は、生年月日からその人の運勢の傾向が分かりますし、人生のテーマと言えるようなことも知ることが出来ます。

生年月日、つまり誕生日のことですが、ある方から「私たちはみんな、誕生日を選んで生まれてくるんだ」と聞いたことがあります。

誕生日から、その人のことを深く知ることが出来るので、私も長く占いの仕事をしてきて、そうかもしれないなと思うようになりました。

ぴかれすくでは、鑑定だけでなく、占い教室も開いております。

面白いから勉強するというのも大歓迎です。

また、自分自身のことをよく知るために学んでみるというのも、私はありだと思います。

生徒さんは随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

変化は小さいところから

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 

二月も終わりですね。

 

 

緊急事態宣言が出た一月から長らくお休みをいただいておりました。

 

 

26日の金曜日から、またお店に出させていただいております。

 

 

 

久しぶりの心斎橋、閉まっている店舗も多く見かけました。

 

 

そんな中でも、占いの専門書を多く置いている中尾書店さんは、しっかり開いていたので、覗きに行きました。

 

 

去年は古書の動きがあまりなかったように感じていましたが、久しぶりに行くと見ない本がチラホラありましたから、選んで二点だけ購入しました。

 

 

本当に小さな変化ですが、去年のような息苦しさからは解放されつつあるのかなと感じていました。

 

 

 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

お正月三が日の吉方位

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
 

間も無くお正月。

 

 

お正月と言えば、初詣。

 

 

コロナのことを考えて分散させて行くようにと言われていますから、少しは空いているのでしょうか?

 

 

私も三が日は住吉大社には行かず、地元の神社のお参りだけにしようかな?と考えています。

 

 

それでも、個人的にお正月三が日の吉方位を出していますから、ぴかれすくのブログでも少し紹介しておきます。

 

 

 

一日・・・西北。午前5時~7時。

健康祈願、商売繁盛、その他発福に良し。

 

二日・・・北。午前7時~11時。

健康祈願、家内安全に特に良し。

 

三日・・・北。午前11時~午後1時。

健康祈願、家内安全に特に良し。

 

 

 

家を出てから到着するまでを、上記の時間内におさめていただいたら良いです。

 

 

他にもあるのですが、ややこしくなるので一番良いものだけを書いています。

 

 

方位と時間が合うようでしたら、是非都合をつけて行かれてみてください。

 

 

神社でもお寺でも問題ありませんので。

 

 

上手にお使いください。

 

 

 

良いお年を。

 

 
 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

明日は年内最後の天赦日です

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 

明日11月17日(火)は、今年最後の天赦日(てんしゃび)です。

 

 

こちらのブログでも天赦日という言葉は出していましたが、説明はしていませんでしたから、「何だろう?」と思われていた方もいらっしゃったかもしれません。

 

 

天赦日とは、そのまま天が赦(ゆる)す日という意味で、暦の説明には天が全ての罪を許す大吉日という風に書かれていることが多いです。

 

 

私はあまり好きではない説明のされ方なのですが、だからと言って天赦日が特別な日であることに変わりありません。

 

 

特に、天赦日に当たる日というのが、

 

・立春後の戊寅の日

・立夏後の甲午の日

・立秋後の戊申の日

・立冬後の甲子の日

 

とされていて、これには東洋系の占術の基礎になる五行干支術の理が使われているものです。

 

 

少し強引な説明になりますが、四柱推命と根っこの部分が同じであるということです。

 

 

 

明日の天赦日は、「立冬後の甲子の日」という日に当たります。

 

 

甲子は、六十ある干支の組み合わせの中で始まりに当たるものでもあります。

 

 

何か新しく始めたいということがお有りでしたら、是非明日を上手く使ってみて下さい。

 
 
 泰莞(たいかん)
 

 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(090-6577-1570
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく