古書店が好き=泰莞(たいかん)

こんにちは、泰莞です。

先日、眼科の帰りに何となく船場センタービルの天牛堺書店さんが入っていたところって、今どうなってんだろ?と思って、ふと行ってみました。

天牛堺書店さんには、今から十年前に堺の易者の師匠のところへ勉強しに行ってたときにいつも寄っていたので、すごく思い出があります。

それで、着いてみると古本屋になってる!?

何だ?と思って近くのワゴンを見てみると、
これ、天牛堺書店さんがやってた均一価格のやつ!
 
 
思わずテンションが上がってしまいました 笑
 
 
調べてみると、この槇尾古書店さんは、天牛堺書店さんの店員さんが倒産後に新たに立ち上げられたんだそうで。
 
大阪では心斎橋の中尾書店さんが占いの専門書を沢山揃えておられますが、天牛堺書店さんも中々良い掘り出し物がありました。
 
 
この槇尾古書店さんも同じように掘り出し物があって、これからよく来ることになるんだろうなぁと 笑
 
 
占い師ですからね、研究するためには本がどうしても沢山必要になるんです。

またここで得た知識を生かして、鑑定させていただきますね。

泰莞(たいかん)

ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(06-6991-1146

にて、承っております。
占いの城ぴかれすく

「折鶴」 泰莞

おはようございます。
占いの城ぴかれすく 心斎橋店の泰莞(たいかん)です。
 
 

開運術や術というのに興味を持って、色々と調べています。
世界中のそれぞれの民族が、その民族性や地域性から様々な術を行っているのだなぁというのを、何となくですが理解出来てきたように思います。

例えば、テレビ番組で海外に行ったとき、現地のシャーマンが魔除けといって虫を使ったり蛇を使ったりしているのを見ることがあります。

バラエティー番組では笑いにしてしまっているのですが、それも何をしようとされているのかを見ようとすれば本質を見抜くことが出来るものです。

さて、日本においても、その民族性からの術というものが勿論あるわけです。
(前に書いた通り、切り火はヤマトタケルノミコトに由来する日本的な祓い清めの術です)

日本的な術の一つに、折鶴というのがあります。
平和への願いを込めて折られることもありますし、病気平癒を願って折られることもあります。

鶴は願いを天に届けてくれる吉祥の鳥と見た我々日本人は、それを折紙で象って願いを乗せてきたわけです。
また、この鶴ですが、夫婦仲が良い鳥としても日本人は見てきました。
夫婦鶴なんていう折り方もあるようです。

この折鶴に願いを乗せて、いつも手元に置いておくという簡単な術があります。
やり方は、紙の裏に願いを書いて、折鶴を折り上げ、それを身に付けるだけです。

身を清めてから(シャワーを浴びるとかで良いです)、折鶴を折る場を清めるというのをして下さい。色は何でも良いですが、柄が入っているものよりは単色のものの方が良いです。

男性との縁を深めたいときは白、女性との縁を深めたいときは赤、なんていうのもあります。

日本的な色彩感覚で願うことから色を決めると良いです。
紙は和紙を用いて下さい、高級和紙でなくても良いので。

破れたり、汚れてしまったもの、また願いが叶って役割を終えたものは、ご自身で燃やすか、お焚き上げのときに一緒に燃やしてもらって下さい。

何かの参考に。

泰莞(たいかん)
 
 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(06-6991-1146
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

火打ち石を使う=泰莞(たいかん)

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
先日、伊勢で火打石を買ってきました。

火打石なんて何に使うのだろうと思われるかもしれません。

火を起こすだけなら、ライターやマッチの方が簡単ですし、アウトドア用品としてもファイヤースターターの方が優秀です。

それでも火打石が欲しかったのは、古事記に由来する「切り火」をするためです。
伊勢神宮と言えば倭姫命ですが、その甥にあたる倭建命に贈ったものに、この火打石があります。

その火打石のお陰で、倭建命は火攻めに遭ったときに迎え火をし、見事に火を退けることが出来て助かったという話があります。
(このへんは古事記を読んで下さい)

この話は、切り火(火打石を使って火をつけること)によって災いを祓うことが出来るのだということを示しているものではないかなと思います。
さて、この切り火ですが、やり方は簡単で、家を出るときや、外から帰ってきたときに、家人に背面右側の肩の方から二、三回、カチカチとやってもらうだけです。

これは購入したお店の方から聞いたので、間違いないでしょう。
僕のように妙な仕事をしている人には勿論良いですが、人と接する仕事をされている方にも良いです。
鏡のように持ち歩くものではないですから、家でお使い下さい。

 泰莞(たいかん)
 
 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(06-6991-1146
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

感謝を伝える=泰莞

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 
 
前回は、「荷物下ろし」ということで、天の開運法をお伝えしました。
 
 
今回は、最後の地の開運法です。
 
 
地とは、そのまま大地と考えて良いのですが、私たち人間は、この大地から様々なものをいただいて生きています。
(天・地・人に分ける場合、海も地に入れておいて良いでしょう)
 
 
このことを自覚して生きていくことが大切なわけで、例えば食べ物を粗末にしない、感謝していただくというのもそうでしょう。
 
 
自分が住んでいる土地や、勤めている会社や商売をしているの土地を守っておられる神様(氏神さん)にお参りするというのも良いでしょう。
 
 
また、何よりも、自分のご先祖さんに手を合わせるというのが良いです。
 
 
 
色々とありますが、天・地・人の中で、地というのは一番下に位置するものです。
 
 
ですから、自分自身の身を低くして(腰を低くして)、感謝の気持ちを伝える、感謝を捧げるということが、地の開運法です。
 
 
関西では来月お盆ですから、心を乗せてされてみて下さい。
 
 
 
全三回の天・地・人の開運法にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
 
 
泰莞(たいかん)
 
 
ご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(06-6991-1146
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

荷物おろし=泰莞(たいかん)

こんにちは、泰莞(たいかん)です。
 前回、「お祝いをする」ということをお話しさせていただきました。
 
 
実は、これは東洋系の占いで言う「天・地・人」の「人」を意識した開運法です。
 
簡単に言うと、人との繋がりを大切にするということですね。
 
 
さてさて、ということで、今回は「天」の話を。
 「天」というのは、天の神様であり、天の恵みであり、チャンスだと言えます。
そういうものを素直に受け取ったり、受け入れたりするためには、自分の中に「すき間」がないといけません。
 
自分のこだわりが強すぎたり、思い込みのせいで、そういうものを逃してしまうというのは、誰しも経験のあることだと思います。
 
 
だから、断捨離とか、リフレッシュというのが大切です。
 スピリチュアルな言葉ですが、浄化なんてのも良いと思います。
 
 
そうして、少しだけ心にすき間を作っていくこと、余裕を持つこと……つまり、背負っている荷物を下ろして身軽になっていくというのが「天」を意識する開運法です。
 
これは中々難しいので、その前に「地」を意識する開運法をしていくのも良いです。
 
そのお話は、また来月、させていただきますね。
 
 
 
また、びかれすくでは、お客さまの荷物を一つでも下ろしていただけるよう、
誠心誠意お話しさせていただいております。
 
 
電話鑑定・対面鑑定のご予約は、
ホームページ(http://pikaresuku.com/
または、ご予約専用電話(06-6991-1146
にて、承っております。
 
 
占いの城ぴかれすく

お祝いしましょう! 泰莞(たいかん)

占いの城ぴかれすく難波心斎橋 泰莞(たいかん)です。
 

 

令和の時代が始まって、もう半月が経ちましたね。
新時代の始まりを祝って、ぴかれすくでもお祝いの品をお配りしています。

 さて、お祝いをするということは、自分の運勢を上げるために、実は結構大切なことだったりします。
 
 
何も畏まったことでなくても、例えば家族や友達に喜ばしいことがあったときに、何かお祝いをすると良いです。
 
 簡単な例を挙げると、仕事で取引きが上手くいった友達と祝杯を上げ、そのときはその友達の分はご馳走する……お祝いですからね。
 
 
ただし、嫌々だったり、下心があったりするのでは意味がありませんし、また自分の余裕を越えたようなこと(高額過ぎるもの)をする必要はありません。
 
 自分自身の心が「お祝いしてあげたいな」と素直に動くことをしてください。
 
 心を行動に繋げていくことで、運勢は整っていきますから。
 
 
占いの城ぴかれすく
 
ホームページ(http://pikaresuku.com/
ご予約専用電話(06-6991-1146

再会のご挨拶=泰莞(たいかん)

こんにちは、お久しぶりです。

今月の五日から、心斎橋占いの城ぴかれすくに再び出演することになりました、
泰莞(たいかん)です。

五年ぶりですから……覚えてくださっている方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方とは初めましてだと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

四柱推命(生年月日の占い)の他に、易やイーチンタロット、また手相や人相を使います。

変わりどころだと、九星術(九星気学を含む)なんかも使いますので、開運旅行の計画なんかも承ります。

ではでは、ぴかれすくでお待ちしています。
(あ、ホームページの写真も五年以上前のです、悪しからず 笑)

泰莞(たいかん)
 占いの城ぴかれすく
(ご予約はこちらから。06-6991-1146)